ページトップ

社会福祉法人 はるにれの里 〒061-3211 北海道石狩市花川北1条5丁目171番地 電話: 0133-62-8360 ファクス: 0133-72-1316 email info@harunire.or.jp

私たちのあゆみ

ページインデックス

はるにれの里 20周年記念誌

»「はるにれの里 20周年記念誌」(デジタルブック、別ウインドウ表示)

このページの上へ

社会福祉法人はるにれの里のあゆみと今後の課題

昭和42年

北海道情緒障がい児父母の会の成立のために10人の親により結成の準備始まる
(田中氏、川口氏、佐久間氏等~現在のはまなす園利用者の親が中心)
全道から30人の親たちで結成、総会の模様をNHKで放映~東京、大阪、名古屋に続く4番目

運動の柱は、
1.教育の保障~修学猶予の撤廃
2.専門の治療施設の設置
情緒障がい児学級の設置、市立札幌病院静療院に専門の治療施設児童部の開設につながる

昭和48年

田中会長、川口副会長中心として北海道札幌市への陳情運動により、北海道で初めて児童精神科医療施設が静療院に設置された

昭和50年

親の会札幌支部の結成(ポプラ会の前身)

昭和54年

第二種自閉症児施設第二おしま学園開設(福祉型)

昭和57年

第一種自閉症児施設のぞみ学園の開設(医療型)、全国でも新設の第一号
しかし、のぞみ学園建設運動にかかわった人たちの子供はすでに年齢が過ぎてしまい、入れなかっかた人たちが多くいた

まもなくのぞみ学園の利用者の加齢問題が発生して、成人施設建設の運動がはじまる、代表川口氏を中心に陳情運動はじまる

昭和61年8月

厚田村関係者の協力を得て、厚生省の法人認可、厚田村議会で建設用地の無償貸与、建設資金の一部を債務負担する決議され、日本自動車振興会の補助金が決まり建設が始まる

昭和62年4月

社会福祉法人はるにれの里厚田はまなす園が開園となる

昭和62年から平成3年~生みの苦しみの時代

・支援の混乱と暗中模索の取り組みが続く
特に行動障がいへの療育方法については絶対的な受容から、厳しいしつけ指導など一貫性のない対応が横行して、利用者は益々混乱して事故が多発し、職員のチームワークが乱れ、退職者があいついだ(園長、課長他)

平成3年から平成7年まで~再建と基礎固めの時代

・一貫性のある支援とチームワーク確立の時代
・人権を守る思想の徹底
・地域とのつながりを強める
・在宅支援への足がかり~まずは短期入所、通所部、グループホーム第一号の開設(厚田はまなす荘)
・増設増床計画検討と実現(40名から60名へ)

平成8年から13年まで~支援体制確立の時代

・増設増床による生活環境の抜本的な改善
・障がい特性に配慮した構造的支援の導入
・強度行動障がい特別処遇事業の開始
・本格的な在宅支援始まる~地域親の会との連携
 石狩分場の開設~石狩育成会(通所部)
 札幌分場の開設~たんぽぽの会(短期入所)

地域生活移行、在宅支援の本格的な展開 平成14年から平成17年まで

1.平成14年、石狩分場から石狩知的障がい者支援センターの運営開始
 ~ポロレ、あらいぶ、ぽけっと、グループホームの開設

2.はまなす園の地域生活移行に向けた本格的な取り組みの開始~グループホームの増設
 やすらぎ201、やすらぎ203、白樺、205、ひまわり

3.厚田地域ではまなす園利用者の地域移行の受け皿、
 平成15年、通所授産施設ふれあいきのこ村開設

4.札幌の在宅自閉症者支援の本格化
 札幌分場の展開~ハッピー、とむとむ、ぱいえ、ぽらりす
 札幌地域のグループホーム開設~タンポポ、あしり

5.札幌自閉症者自立支援施設設立に向けた取り組み

相談・療育・就労支援の本格的な展開 平成17年から平成21年まで

1.自閉症自立支援センターゆいの開所

2.自閉症発達障がいセンターおがるの開所

3.就労支援室あるばの開所(就労移行支援事業)

4.早期療育に向けて~児童デイサービスさんりんしゃ、ぱれっとの開所

5.札幌在宅支援の拠点施設ほしのみ・さりゅうの開所(札幌分場の統合)

6.指定相談支援事業所ぽらりす・ぷろっぷの開所

7.就業・生活支援センターのいけるの開設

障害者自立支援法による新体系移行と地域展開 平成21年から今日

1.厚田はまなす園は障害者支援施設および生活介護事業所へ
  新たな生活介護事業所としてレラ・もうらい開設(旧望来中学校跡地)

2.ふれあいきのこ村は就労継続支援B型と生活介護事業の多機能型事業所へ
  新たに農業生産法人てみるファーム(株式会社ツムラとの連携による薬草栽培)の開設とサテライト就労継続支援A型事業所(北石狩農協聚富店跡地)の開設

3.ワークセンターポロレは就労継続支援B型と生活介護事業の多機能型事業所へ
  ベーカリーショップこむぎっこの新琴似店を開設し、現在は就労継続支援A型事業所「ブーランジェリー」としてショップを経営

4.東米里菌床センターは札幌市障がい者協働事業から就労継続支援A型に移行

5.札幌市自閉症者自立支援センターゆいは障害者支援施設と生活介護事業所へ

6.グループホームは共同生活介護事業所やすらぎ(厚田地域)と共同生活介護事業所あしり(石狩花川、札幌地域)へ
  現在ケアホームやすらぎは13ホーム、ケアホームあしりは18ホームを展開

7.札幌市地域活動センターとしてannapurna(アンナプルナ)開設

8.児童デイサービスさんりんしゃは児童発達支援センターへ(札幌市西区福井に移転)

法人全体としての今後の事業課題

  1. はまなす園、ゆいの利用者の地域生活移行への取り組みと地域生活を永続かつ安定的に支援する地域生活支援事業所の独立運営
  2. 自閉症・発達障がい支援センターおがる、ぽらりすを通して、高機能自閉症者をはじめとした発達障がい者の支援と総合相談機能の確立
  3. はまなす園の定員の削減と本格的な地域の受け皿を造る
  4. 障がい者の雇用の拡大と報酬アップのために新たにきのこ村と一体で農業生産法人を設立する。さらにこむぎっこの第二工場を設立してともに就労継続A事業の運営を目指す

このページの上へ

社会福祉法人はるにれの里沿革

1985(S60)年2月社会福祉法人はるにれの里設立準備委員会
1986(S61)年4月日本小型自動車振興会の補助金決定
 8月社会福祉法人はるにれの里設立認可(理事長:山田泰作)
1987(S62)年4月知的障害者更生施設厚田はまなす園開設(厚田村小谷、定員40名)
1989(H元)年4月共同募金会配分により作業訓練棟新築
1992(H4)年1月中央競馬馬主社会福祉財団の助成によりマイクロバス購入
 8月平中忠信理事長就任
1994(H6)年8月国、道補助による施設増設(増設・改修)工事着工
 10月グループホーム厚田はまなす荘運営開始(厚田村望来)
1995(H7)年4月通所部開設(定員7名)、短期入所事業開始(定員1名)
1996(H8)年10月増設棟開設(入所定員40名→60名)
1997(H9)年4月厚田はまなす園通所部定員変更(7名→13名)
1998(H10)年4月厚田はまなす園石狩分場開設(石狩市花川南、定員8名)
 12月日本小型自動車振興会の補助により地域交流ホーム開設
1999(H11)年4月中央競馬馬主社会福祉財団の助成により自立生活訓練棟開設
 10月(株)長谷部商事の協力により泰斗共同作業所開設(石狩市新港西、定員5名)
2000(H12)年5月寄付金付郵便葉書等寄付金受配事業により地域交流ホームに業務用パン焼き機器配備
 10月グループホーム石狩はまなす荘運営開始(石狩市花川南)
2001(H13)年4月国・道補助による石狩市知的障がい者支援センター新築工事着工
 4月厚田はまなす園札幌西区分場開設(札幌市西区、定員7名)
 4月厚田はまなす園通所部定員変更(13名→19名)
 10月グループホームいるか運営開始(石狩市花川北)
 10月グループホームやすらぎ寮運営開始(厚田村聚富)
2002(H14)年4月石狩市知的障がい者支援センター開設(石狩市樽川)
通所授産施設ワークセンターポロレ(定員20名)
デイサービスセンターサポートセンターあらいぶ(8名/1日)
 4月中央競馬馬主社会福祉財団助成によりリサイクル作業棟開設
 4月ワークセンターポロレ花川分場開設(定員7名)
 6月日本財団助成によるグループホーム白樺202新築工事着工(9月竣工)
 8月日本財団助成によるふれあいきのこ村新築工事着工(12月竣工)
 10月グループホーム白樺202運営開始(厚田村聚富)
 10月グループホームタンポポ運営開始(札幌市西区西野)
2003(H15)年2月通所授産施設ふれあいきのこ村開設(厚田村聚富、定員20名)
 4月ワークセンターポロレ手稲区分場とむとむ開設(札幌市手稲区、定員9名)
 4月居宅介護事業所パーソナルサポートセンターぽけっと運営開始
 6月日本財団助成によりグループホームやすらぎ203新築工事着工(9月竣工)
2004(H16)年1月トレーニングハウスはばたき運営開始(自主事業、札幌市北区新琴似)
 2月グループホームやすらぎ203運営開始(厚田村聚富)
 4月ワークセンターポロレ手稲区第2分場ぱいえ開設(札幌市手稲区、定員10名)
 9月ワークセンターポロレ石狩新港分場開設(花川分場から変更、定員15名)
 9月単独短期入所事業所ぽけっと運営開始(石狩市花川、定員2名)
 12月単独短期入所事業所やすらぎ運営開始(厚田村聚富、定員1名)
2005(H17)年3月単独短期入所事業所ゆうゆう運営開始(厚田村聚富、定員2名)
 4月厚田はまなす園札幌北区分場ぽらりす開設(札幌市北区、定員10名)
 4月居宅介護事業所札幌ぽけっと運営開始
 4月ワークセンターポロレ石狩新港分場定員変更(15名→19名)
 6月グループホームやすらぎ205運営開始(厚田村聚富)
 6月グループホームあしり運営開始(札幌市手稲区西宮の沢)
 8月厚田はまなす園サテライトこもれび運営開始(石狩市緑ケ原、定員4名)
 10月石狩市と厚田村の合併により、法人本部および厚田村所在事業所住所変更
 11月札幌市自閉症者自立支援センターゆい運営開始(札幌市東区東雁来)
トレーニングセンター(入所30名)
ショートステイセンター(短期入所6名)
デイサービスセンター(15名/1日)
札幌市自閉症・発達障がい支援センターおがる運営開始
2006(H18)年5月児童デイサービスさんりんしゃ運営開始(札幌市西区西町)
 6月グループホームこすもす運営開始(石狩市花川北)
 6月法人本部移動(石狩市樽川4条3丁目9番地)により経理業務統合
 8月佐藤勝彦理事長就任
 10月障害者自立支援法施行による事業変更
デイサービスあらいぶ廃止:生活介護あらいぶ移行
ポロレ分場のうち石狩新港分場は就労移行支援事業所あるばへ移行
他の分場は生活介護事業へ移行
各グループホームのうち厚田地区は共同生活介護やすらぎへ
石狩花川地区および札幌地区は共同生活介護あしりへ移行
札幌市自閉症者自立支援センターデイサービスは廃止:生活介護と自立
訓練(生活訓練)へ移行
札幌ぽけっと・単独短期入所ゆうゆうは廃止
単独短期入所やすらぎは単独短期入所ふれあいきのこ村に名称変更
2007(H19)年3月ケアホームひまわり運営開始(石狩市厚田区虹が原、主たる事業書やすらぎ)
 4月石狩札幌地区生活介護事業所の主たる事業所をハッピーイールドに変更
 7月日本財団助成により生活介護事業所ほしのみ改修工事着工(8月竣工)
 8月日本自転車振興会(現JKA)の助成による地域活動支援センター新築工事着工(12月竣工)
 10月生活介護事業所ほしのみ運営開始(札幌市西区発寒、ハッピーイールドより移転、とむとむ、ぽらりす統合)
 10月札幌市障がい者協働事業所東米里菌床センター運営開始(札幌市白石区)
 10月指定相談支援事業所ぽらりす運営開始(札幌市北区屯田)
 10月ケアホームやすらぎ207運営開始(石狩市緑ケ原、主たる事業所やすらぎ)
 10月ケアホームほしの窓新築工事着工(2月竣工)
 10月法人設立20周年記念講演会、記念式典開催
 11月児童デイサービスぱれっと運営開始(石狩市花川北)
2008(H20)年1月地域活動センターえみな運営開始(石狩市花川南)
 3月ケアホームほしの窓運営開始(札幌市東区東雁来、主たる事業所あしり)
 4月指定相談支援事業所ぽらりす移転(札幌市北区北23条)
 5月日本財団助成により東米里菌床センター殺菌釜整備他実施
 7月自立支援基盤整備補助金により厚田はまなす園生活介護事業所(旧望来中学校)改修工事着工
 8月自立支援基盤整備補助金によりワークセンターポロレ増設・改修工事着工
 9月ケアホームらいふ運営開始(札幌市北区あいの里、主たる事業所あしり)
 11月ケアホームほしの空運営開始(札幌市東区東雁来、主たる事業所あしり)
 12月ケアホームやすらぎ208運営開始(石狩市緑ケ原、主たる事業所やすらぎ)
 12月ケアホームふりっぱー運営開始(札幌市手稲区西宮の沢、主たる事業所あしり)
2009(H21)年2月自立支援基盤整備補助金により生活介護事業所さりゅう改修工事着工
 3月ケアホームようよう運営開始(札幌市手稲区前田、主たる事業所あしり)
 3月新事業体系移行
 厚田はまなす園 入所支援 52名 生活介護 40名
 レラ・もうらい 生活介護 20名 (新規開所:石狩市厚田区望来)
 ふれあいきのこ村 就労継続B 10名 生活介護 20名
 ワークセンターポロレ 就労継続B 10名 生活介護 20名 自立訓練 6名
 4月ケアホームはばたき運営開始(札幌市北区新琴似、主たる事業所あしり)
 4月石狩圏域障害者就業・生活支援センターのいける運営開始(石狩市花畔)
 6月生活介護事業所(主)さりゅう開設(札幌市北区篠路、定員14名)
 6月生活介護事業所(従)ゆらり開設(札幌市東区東苗穂、定員6名)
 6月ケアホームやすらぎ209運営開始(石狩市八幡、主たる事業所やすらぎ)
 8月厚田はまなす園利用者行方不明事故発生
 9月法人本部移転 (石狩市花川北1条5丁目171番地)
 10月新エネルギー導入促進協議会補助によるふれあいきのこ村ペレットボイラー関連工事 および 中央競馬馬主社会福祉財団助成によるリサイクル作業棟建設工事着工(2010年1月竣工)
2010(H22)年1月ケアホーム飛雁里運営開始(札幌市東区東苗穂、主たる事業所あしり)
 1月石狩市総合相談支援センターぷろっぷ開設(石狩市花川北りんくる内)
 4月ケアホームまあむ運営開始(石狩市花川南、主たる事業所あしり)
 4月発達支援室なっつ運営開始(札幌市北区ぽらりす内)
 8月相談室ぽらりす移転(札幌市北区北21条西5)
 9月国・札幌市補助によりケアホームあろん新築工事着工(12月竣工)
 9月ケアホーム来夢・さくら新築工事着工(12月竣工)
 9月日本財団助成により「こむぎっこ第2店舗」改修工事着工(12月竣工)
 11月ケアホームつばさ運営開始(札幌市北区屯田、主たる事業所あしり)
 12月こむぎっこ第2店舗(BoulangerieComugicco)開設(札幌市北区新琴似)
2011(H23)年1月ケアホームあろん運営開始(札幌市北区篠路、主たる事業所あしり)
 1月ケアホーム来夢運営開始(石狩市厚田区望来、主たる事業所やすらぎ)
 2月ケアホームさくら運営開始(石狩市厚田区望来、主たる事業所やすらぎ)
 4月札幌市自閉症者自立支援センター入所部門新体系移行、自立訓練(生活訓練)廃止、入所支援定員30名、生活介護定員45名
 4月ケアホームりれい運営開始(札幌市白石区東米里、主たる事業所あしり)
 5月ふれあいきのこ村培養棟新設工事着工(6月竣工)
 6月札幌市自閉症者自立支援センター作業棟増設工事着工(9月竣工)
 6月生活介護事業所あらいぶ移転改修工事着工(石狩市花川南)
 7月就労移行支援事業所あるば移転(石狩市新港西)
 8月札幌市自閉症者自立支援センター敷地内通路整備、植栽工事
 9月ふれあいきのこ村サテライト就労継続A型事業所改修工事着工(12月竣工)
ケアホームつばき新築工事着工(1月竣工)
 10月生活介護事業所あらいぶ開設(移転・独立)
2012(H24)年1月札幌市地域活動センターannapurna運営開始(札幌市北区北21条)
 2月ケアホームうたたね運営開始(札幌市北区あいの里、主たる事業所あしり)
就労継続A型事業所東米里菌床センター開設
就労継続A型事業所ふれあいきのこ村サテライト開設
 3月ケアホームつばき運営開始(石狩市厚田区望来、主たる事業所やすらぎ)
ケアホームこもれび運営開始(石狩市緑ケ原、主たる事業所やすらぎ)
 4月就労継続A型事業所ブーランジェリーこむぎっこ開設(札幌市北区新琴似)
 5月東米里菌床センター培養ハウス改修工事(8月竣工)
 8月厚田地域活動拠点施設新築工事着工(石狩市厚田区虹が原、JKA補助金)
 9月ケアホームとまと運営開始(石狩市花川南、主たる事業所あしり)
ケアホームたんぽぽの家移転(札幌市手稲区前田9条)
厚田区虹が原職員住宅購入(石狩市厚田区虹が原、6戸)
 10月児童デイサービスさんりんしゃ移転(札幌市西区福井、児童発達支援センター事業)
2013(H25)年2月平成24年度障害者自立支援対策推進事業・「障害者自立支援基盤整備事業」の補助を受け生活介護事業所 レラ・もうらい2階改修工事完了
 4月生活介護事業所 ぼぬーる運営開始(札幌市北区屯田、主たる事業所ほしのみ)
 5月ケアホームさらん運営開始(石狩市厚田区虹が原)
 5月公益財団法人JKAの補助を受け、厚田地域活動センター 彩(いろどり)運営開始
 6月ベーカリー&カフェ la chou chou(札幌市北区屯田)開店

このページの上へ

社会福祉法人はるにれの里評議員役員名簿

区分氏名職業・所属
理事長
評議員
木村 昭一理事長
理事
評議員
上田 マリ子北海道自閉症協会会長
NPO法人ダンディNAライオン理事
理事
評議員
村田 泰之社会福祉法人神愛園 法人本部
理事
評議員
谷本  邁前石狩市厚田区長
理事
評議員
金子 浩治全体統括管理者
理事
評議員
菊池 道雄人事部統括管理者
評議員加藤  孝(福)札幌この実会 専務理事
評議員佐藤 崇文はまなす親和会会長
評議員桶谷 利幸自営業 良向企画
評議員福田 三行前(福)札幌慈啓会 専務理事
評議員田尻 稲雄ノマド福祉会理事長
(株)メディカルシステムネットワーク代表取締役
評議員福江 ひろみ石狩支援センター保護者会会長・保険代理業
評議員橋本 伸也藤女子大学 教授
監事高田 哲NPO法人おたるAtoZ理事長 前名寄市立大学教授
監事仁木 恒男(福)手稲福祉会あすかぜ保育園 園長
顧問佐藤 勝彦はるにれの里前理事長
専門学校北海道福祉大学校 講師
顧問盛重 治酪農業 社協副会長 西聚富水利組合長
任期
 評議員      平成28年8月18日〜平成29年3月31日
 理事・監事・顧問 平成28年8月18日〜平成29年度第1回評議員会終結時 

このページの上へ