就労移行支援事業所あるぱについて

就労移行支援事業所あるばの概要

【利用定員】
20名
【利用期限】
2年(1年の延長が認められる場合があります。)
【人員配置】
サービス管理責任者・就労支援員・職業指導員・生活支援員
【サービス概要】
 利用者一人ひとりに合わせた「個別支援計画」を作成し、利用者・保護者(後見人)の同意を得た上で、以下のようなサービスを提供いたします。
【サービス内容】
・アセスメント
得意な仕事は何か、支援が必要な部分は何かなどを見極めます。
・作  業
企業からの委託作業を行いながら、技術の習得を目指します。また、作業を通してあいさつや報告・連絡・相談の大切さなどについてもお伝えしていきます。
・専門的スキル訓練
パソコン訓練、接客訓練、事務業務訓練などを行っています。
・講  座
社会性を身につけるためのSST講座やマナー講座、障がい理解のための講座、生活に必要な知識を身につける講座などを実施しています。また、保健所や警察など外部機関の講師を招いて実施することもあります。
・個 別 面 談
これからどんなことを頑張っていきたいか、どんな会社に就職したいかなど仕事に関する話や、困っていることなどを職員と個別で話し合います。
・生 活 支 援
健康管理や金銭管理のためのアドバイスや情報提供をします。
・就 職 活 動
ハローワークへの同行、履歴書作成、面接練習・同行などを行います。必要に応じて障害者職業センターなど他機関との連携も行います。
・企 業 実 習
実際の企業で働くことを体験します。
・職場開拓・企業交渉・企業との連携
一人ひとりに適した仕事を探します。勤務条件などを企業と調整したり、企業と連携し職場定着を図ります。

一日の流れ

9:00出勤
9:15朝のミーティング
9:30作業・専門的スキル訓練 ※
10:30休けい
10:45作業・専門的スキル訓練 ※
12:00昼休み
12:45作業・専門的スキル訓練 ※
14:45そうじ
15:00帰りのミーティング
 帰宅
※講座や面談などが入る可能性もあります

就労移行支援事業所あるばの支援方法

  • 治具等を使用した自閉症発達障がいの特性に配慮した指導
  • 実際の職場の環境を模して指導
  • 企業での実践的な実習
  • アセスメントを基準としたジョブマッチング

就職に向け利用者ひとりひとりに合わせた準備・訓練を行います。

  • 作業の様子

  •  

  •  

  • 講座の様子

  • 実習

  • 面談


利用方法

利用希望のご連絡

見学

お試しの実習

お住まいの市区町村で「就労移行支援」サービスの受給手続き

利用開始
利用希望のご連絡

見学

お試しの実習

お住まいの市区町村で「就労移行支援」サービスの受給手続き

利用開始

※定員がいっぱいの場合は、利用開始まで待機をして頂く可能性があります。
※サービス受給申請の方法につきましては、お住まいの市区町村にお問い合わせください。

このページのトップへ